タイで芋虫を食べた本当の理由。今の私の夢。

私が芋虫を食べたのは決してお腹が空いていたからではありません。 だいぶ前の話なんですが、タイで衝撃な物を食べました。

虫です。 芋虫です。 芋虫の写真は今見ても気持ち悪いので載せずにおきます。 何で芋虫を食べる流れになったかというと…

旦那の機嫌が悪かったから

一言でいうならこれしかないです。 (私の中の勝手な流れ。笑)

決してお腹が空いていたからなんでもいいから食べたかったわけではありません。 カオサンに滞在中、毎回昆虫屋さんの前を通るたびに「食べたら?」と言われていたのですが、断固拒否。

どんなに今しかできない経験だとしてもさすがに虫には手を出せませんでした。 ですが滞在中に少し喧嘩して、旦那の機嫌が直らずにあまり話してもらえない状況になったのです。

そしてその夜も、昆虫屋さんがある人で溢れかえるカオサンロードにへ行くことに。 その前に何とか雰囲気戻したいなぁと思ってGoogle先生で色々調べていました…

旦那の機嫌を直す方法。を。

(https://moomii.jp/couple-family/husband-badmood.html)より引用   好きなご飯を作る→タイにいるので不可能。そして日本にいるときでも機嫌が悪いと自分で自分のご飯を作るからこの手は効かない。   糖分をとらせる→甘いものを基本的に好まないから効かない   子供を使って機嫌を直す→子供いないので効かない   O型です。    

旦那の実家に行く→勝手な事をしたら余計に怒りを買うことになる

全部アウトやん!!(泣)

と思って半ば諦めていました。 『あー…どうしたらいいもんか』と考えながら歩いていると、また昆虫屋さんが出てきたんです。 そして少し笑いながらまた言う旦那… 「虫食べれば?」 その時私は 腹をくくりました。

今この人を笑顔にするには昆虫を食べるしかない。と。 そして

芋虫を三匹食べることに。 食感なんて言葉にして書くと思い出して気分が悪くなるのでとてもレポできません。 しかし彼は超笑っていました。 その時確信しました。 旦那の機嫌を直す最適の方法=昆虫を食べる事 これにつきます。

ぜひ世の中の主婦の方は試してみてください。 今でも思い出すだけで吐きそうです。でもいいんです、喧嘩からの機嫌が少しでも変わってくれたらいいなという思いから、今までもこれからもしないであろう昆虫を食べるということにトライできたので。それがなかったら食べてなかったので人生の経験が1つ減ってました。

なんて話を友達にしたら「ポジティブやな」って言われたんですが、初めてポジティブと言われた気がしました(笑)

高校のときから私の思考はすごくネガティブで、親友にもキレられるくらいでした。なんか少しでも考え方が変わったのかなとふと思いました。

昔の自分と、今の自分。 この前世界一周をしながら子供達にダンスを教えたダンサーの中込孝則さん(通称ゴメさん)と、旅人の桑原淳のセミナーのお手伝いをしてきました。 テーマはについて。 セミナーを聞いていると、色々響く事があり、後ろでひっそり泣いてしまう瞬間があったくらい二人共の言葉が直球でした。 その中で二人から学んだ事を大切にしたいなと思ったので恥ずかしながらも、今日はブログに自分の夢を書きます。 今の自分の夢は何なのか… 夢。

・旦那と海外に移住する

・海外で美容師をする

・海外で美容室を開いたらそこでスクールをする

・海外で出産と子育てをする ついでにもっともっと先の夢は

・家族旅行をたくさんする

・子供が大学に行くときに一緒に大学に通う

・いつか家を買いたいと思う場所ができたら、家をデザインする   

言葉にすると、本当にそれがしたい事なのか自分の中で何度も何度も考えました。でも行き着く結論はやっぱり変わらないですね。あとはやるだけ。今から出来ることを、まず。 だけど、一人じゃなくて、旦那と一緒に叶えたいと思っても、二人の気持ちが揃わないと、叶わない。 二人で生きるって難しい。

それでも改めて自分の夢を考えてみると、私は旦那が一緒にいて欲しいと思いました。 数日後、数ヶ月後、数年後、私はこのブログを見て何を思うのか、夢が叶ってるのか、変わってるのか。 ダメになっても、ポジティブに考えるしかない!! だけどそれが東京に来てもうすぐ1年半、いろんな人に出会ってたくさんの笑顔を見て学んだ事だと思う。 この高円寺という街を出る時は、笑ってまた戻ってこれる場所にできる様に。